【キャンピングカー(バンコン)の維持費はいくら?】トイファクトリーのバンコンは年間いくらの維持費がかかるのかリアルな金額を計算してみた(ヴォクシーとの比較あり)

こんにちは。

もぐすく
もぐすく

キャンピングカー1台目、キャンピングカー初心者のもぐすくです。

もぐすく家は2021年7月にトイファクトリー社のランドティピーをゲットしました(*´▽`*)

今回はみなさんが気になるであろうキャンピングカーの維持費のお話です。。

初心者の私たちが、初心者目線でいろいろお伝えできればと思います。

この記事はこんな方におすすめです。

  • キャンピングカー(バンコン)の維持費が知りたい方
  • これからキャンピングカーが欲しいと思っている方

この記事を読めばこんなことが分かります。

  • トイファクトリーのバンコンのだいたいの維持費がわかる
  • キャンピングカーの維持費がわかる

もぐすく家は2021年7月からトイファクトリーのバンコン(ランドティピー)に乗っていますので我が家がはらった(これから払う)金額をお伝えしてきます。

結論から言うと

維持費は最低16万7,500円~。トータル50万円くらい

でしょうか。

以下説明していきます。

それでは、はじめましょう!

Lets get started!

※あくまでも我が家の場合ですので参考程度にしていただけると嬉しいです。

そもそも維持費って?

キャンピングカーの維持費は大きく3つ

  • 税金
  • 車検
  • その他(任意保険、ガソリン代、高速料金、メンテナンス代)

です。

一般車と同じです。

もぐすく
もぐすく

以上6項目の維持費を1つずつ解説していきますね♪

税金:キャンピングカーでかかる税金は、一般車と同じ

キャンピングカーにかかる税金は

  • 自動車税(毎年払う※排気量で決まる)
  • 重量税(車検時に払う※重量で決まる)
  • 取得税(購入時にかかる)

3つです。

キャンピングカーは税金が高くなるのでは?特に重量税は重さで決まるし。

と思った方も多いかもしれません。

でも、実は違います。

もぐすく
もぐすく

キャンピングカーは8ナンバーという特殊な車の扱いになり、税金は安くなっています。

  • 8ナンバーの自動車税は同排気量の乗用車と比べると20%安くなる
  • 重量税は同じ重量区分の乗用車と比べて33%~50%安くなる

もぐすく
もぐすく

2021年6月末納車のもぐすく家の場合を公開していきますね。

★自動車税:毎年払う(排気量で決まる)

40000円

★重量税:車検時に払う(重量で決まる)

24600円

★自動車取得税:購入時にかかる

44000円

車検:キャンピングカーは新車登録後から2年ごと

車検のタイミングが乗用車とキャンピングカーは異なります。

乗用車は初回が新車登録の3年後ですか、キャンピングカーは初回が2年後になります。

それ以後はどちらも2年ごとの車検になっています。

車検の費用は車やお店によって違いがありますが、最低限の価格はおよそ10万円から。(通常、自賠責保険を含む)

もぐすく
もぐすく

キャンピングカーだからといって特別高いという印象はないです。

ただし、消耗品や交換のメンテが必要な場合は上乗せされていきますのでそこは注意が必要です。ツイッターでは、20万の方もみえました。

任意保険:高くなりがち

入る保険で変わりますが、車両保険は高くなりがち。

車両価格が安いと抑えられます。

キャンピングカーは、車両保障がつけられないこともあります。

もぐすく家場合は、車両保険無しで65,200円

我が家は、他の保険との兼ね合いでAIGさんにお世話になっていますが、調べてみたら、

キャンピングカー専用の保険会社をみつけました。

もぐすく
もぐすく

大手保険会社を比較したり、調べたりした結果、こちらがなかなか良さそうなので、おすすめします。電話対応もいい感じでしたし、お値段もそれほど高くありません。

以下条件で車両保険無しで34,150円でした。

  • 本人・夫婦限定
  • 35歳以上補償
  • 日常レジャー使用
  • 対人対物無制限(免責無し)
  • 人身傷害5000万円
  • ロードサービス補償あり

車両保険有りだと免責の金額により75,470円~94,580円です。

我が家もこちらに変更しようかと思っているところです。

ガソリン代:高くなりがち

使い方によってかわりますが、やはり車両が重いので燃費は悪くなりがち。ディーゼルエンジンはレギュラーエンジンに比べ、燃費が良く軽油なので安くなります。

もぐすく家のキャンピングカーはガソリン1Lあたり走行距離6kmです。

※トヨタヴォクシーだったときは1Lあたり、10kmでした。

2021年7月納車から8月までおよそ2か月使用し、

2500km走行しました。

※夏休みなので、お出かけが多く、走行距離は多めです。

2021年8月現在のガソリン1リットル当たり平均150円で計算すると、

2か月でかかったガソリン代はおよそ62,500円です。1か月あたり31,250円です。

【参考】

もぐすく家は通勤でキャンピングカーを使用しています。

毎日往復12キロ、毎日300円ほどのガソリン代

300円×20日(通勤)=6,000円 

6,000円×12か月=72,000円+レジャーで走行した距離になります。

仮に

夏休み、冬休みともに1000キロほど移動したとするとガソリン代は2000キロで50,000円

72,000円(通勤)+50,000円(レジャー)=125,000円(年間ガソリン代)

となります。

もぐすく
もぐすく

通勤を自転車や徒歩やバイクなどにすれば、72,000円が節約できますね(*´▽`*)

高速料金:普通車料金

高速道路は車種区分に応じた料金を支払いますが、キャンピングカーは普通車料金で走れます。

メンテナンス代:車両設備による

車両設備を充実させると車検の費用にも反映され、その分高くなります。

メンテナンスはまだ行ったことがありませんので、値段はわからないのですが、分かり次第追記します。

調べても、安いという方もみえますし、高いという方もみえて、車体のグレードやオーナーのこだわりによるところが大きいのが実際。

分かり次第なるべく具体的なお値段をつたえします。

タイヤがパンクしました。笑。ご参考までに読んでみてください↓

まとめ:年間およそ16万7,500円~50万円

内訳は、 

  • 自動車税・・・4万円
  • 重量税・・・1万2300円(24600円÷2年)
  • 任意保険料・・・6万5200円
  • 車検・・・5万円(10万円÷2年)

これに以下が加わります。

  • ガソリン代
  • 高速料金
  • メンテナンス代

結論

もぐすく
もぐすく

我が家の場合、トータル50万円くらいかな

と踏んでいます。

一般車のトヨタヴォクシーのときと比べたら

 

  • ガソリン代が1.7倍ほど
  • 内装の修繕(電子レンジ、冷蔵庫、ベットなど)があったらお金がかかる
  • それ以外は、一般車とあまり変わらない
 

というイメージです。

あくまでも、もぐすく家(トイファクトリー社のランドティピー)の場合です。

みなさまの参考になればうれしいです。

ではまた♪

Have a nice day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました